052-504-1133 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
8:30-17:30

法人向けの税金対策とは

  1. しんせい綜合税理士法人 >
  2. 法人のお客様に関する記事一覧 >
  3. 法人向けの税金対策とは

法人向けの税金対策とは

会社を経営している方にとって、もっとも重要な事柄のひとつに税金対策があげられるでしょう。まずは会社を運営するうえで発生する税金について確認していきましょう。

【会社運営でかかるおもな税金】
・法人税…その名のとおり法人の利益にたいしてかかる税金になります。資本金が1億円未満で課税所得金額が800万円以下の場合は15パーセント、800万円を超えるときは25.5パーセントが課せられます。
・法人住民税…法人も個人と同様事務所のある地方自治体に対して住民税を支払う必要があります。課税方法には3つあり、所得に関係なくかかる均等割り・法人税額×17.3パーセントでかかる法人割・金融機関などに地方税のが5パーセントかかる利子割があります。
・法人事業税…事業をしているすべての会社にかかる税金になりますが、必要経費に含めることができます。税率は6区分に分かれており、資本金や所得額に応じて2.7パーセントから最大で5.78パーセント課せられます。
・消費税…課税売上高が1000万円以上の企業にかかる税金になります。1000万円以下の企業は支払う必要はありません。また消費税は課税売上高を1000万円超えた年の翌々年から課税されるようになります。

以上がおもに企業にかかる税金でした。その他にも印紙税・登録免許税・所得税・固定資産税・自動車税などがかかります。
このように企業にかかる税金は資本金や課税所得の金額に応じて税率が上がったりします。そのため、経費を利用して所得金額を下げる税金対策がありますが、事業に関係ないものを購入してしまうと無駄になりかねません。ですので、税金を抑えるために経費を利用するのであれば今後の事業拡大を見据えた設備投資などが有効手段になるかと思います。しかしながら、会社にかかる税金は多岐にわたっており非常に複雑です。そのため税金対策をしたいとお考えの方は専門家の意見を聞いてみることも手段の一つだといえるでしょう。

しんせい綜合税理士法人が提供する基礎知識

  • 法人の税務申告

    法人の税務申告

    法人は、決算書を作成した後に法人税などの税金の申告を行います。「税務申告」です。税務申告は、原則として...

  • 相続と相続税の相違

    相続と相続税の相違

    相続は、相続人が被相続人(亡くなられた人のことをいいます。)の一切の権利義務を承継することをいいます。...

  • 名古屋市の事業承継はしんせい綜合税理士法人におまかせください

    名古屋市の事業承継はし...

    事業承継とは、会社の事業を後継者に受け継がせることをいいます。 事業承継の方法には、親族内承継、親族外...

  • 廃業・リタイヤしたい

    廃業・リタイヤしたい

    事業承継を考えておらず、廃業・リタイアを考えている方もいらっしゃると思われます。 しかし、廃業をする際...

  • 生前贈与~暦年課税の贈与~

    生前贈与~暦年課税の贈与~

    暦年課税とは、贈与税の課税方法の1つです。 ■暦年課税 贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日...

  • 相続対策はまずシミュレーションから

    相続対策はまずシミュレ...

    ひとくちに「相続対策」といっても、相続税の対策か、遺産分割の対策か、納税の対策なのか様々です。しかし、...

  • 法人成りのメリット・デメリット

    法人成りのメリット・デ...

    個人事業主が会社を設立して法人化することは、節税によるメリットがあります。個人事業で経営をしている場合...

  • M&Aのメリット、デメリット

    M&Aのメリット、デメリット

    M&Aは事業の拡大に加え事業承継の際にも行うことがありますが、M&Aには次のようなメリット・デメリット...

  • 贈与税の時効は何年か

    贈与税の時効は何年か

    贈与税とは、個人が年間に贈与された財産に課税されるものをいいます。基礎控除額110万円を差し引いて価額...

ページトップへ